NEWS

【New Project】108 ART PROJECT in 東銀座「アートコネクト東銀座」

108 ART PROJECT in 東銀座

「アートコネクト東銀座」

108 ART PROJECTは、アートの力で、まちの景観を豊かにし、賑わいのある街づくりに貢献することを目的に発足し、ビルオーナーやパートナー企業、アーティストの協力のもと、新ビル建設地の仮囲いアートを皮切りに2021年にプロジェクトをスタートさせました。

12月からは、松竹株式会社(東京都中央区、代表取締役社長 迫本 淳一)が運営する東銀座エリアマネジメントプロジェクトとともに「アートコネクト東銀座」を開催いたします。
「アートコネクト東銀座」では「今と昔をアートで結ぶ」をコンセプトにアート作品の展示と、プロジェクションマッピングインスタレーションを特別公開し、東銀座エリアのまちの魅力や賑わいの向上に寄与することを目的としています。歴史ある東銀座の魅力を、光と音、和と雅で彩るアートの舞台が誕生します。

「アートコネクト東銀座」作品紹介

アート展⽰「川の橋、そして時々滝 ~銀座の今昔~」
アーティスト:原倫太郎+原游
会期:12月3日(金)〜終了日未定
※鑑賞無料

プロジェクションマッピングインスタレーション「⽉の⾳ ⾵の光」
アーティスト:COLORs CREATION×三橋 ⽞
会期:2021 年 12 ⽉ 20 ⽇(⽉)〜28 ⽇(⽕) 毎⽇ 17:00〜21:00
※時間内常設上映 鑑賞無料

イベント概要
会場:銀座松竹スクエア 1階プラザ内
(東京都中央区築地1丁目13-1 ※東京メトロ日比谷線 東銀座駅 徒歩3分)
主催:東銀座エリアマネジメントプロジェクト(松竹株式会社)
108 ART PROJECT(事務局:株式会社山下PMC)
協力:プロジェクションマッピング協会

更に詳しい作品の紹介は、以下松竹株式会社より配信されているPR TIMESの記事からもご確認いただけます。松竹が手がける東銀座の新たな芸術祭「アートコネクト東銀座」開催決定!