NEWS

【108ART PROJECT特別協力】UMEKITA ART GARDEN

「お花の妖精 フラワーマン」 が

にょきっと登場!

大宮エリー氏の新作となる、巨大立体アート作品「お花の妖精 フラワーマン」 が、2021年11月12日(金)より2022年3月31日(木)まで、大阪・梅田のうめきた外庭SQUAREに登場しております。
「お花の妖精 フラワーマン」 は、コロナ禍で経済も精神面も疲弊してきている日々に、人と繋がり、遊び心を取り戻すことで笑顔になってほしいという自身の想いから、こどももおとなも自由に遊べる、憩えるアートとして誕生いたしました。全長6.5m、高さ4mに及ぶ作品は、大宮エリー氏にとって、初めての大規模立体作品となります。

■大宮エリー氏からのメッセージ
生まれたのは大阪なのですが、ご縁をいただきまして、梅田の空き地というか広場に、何かアートをというご依頼をいただきました。ビル群が立ち並ぶ駅ちかくの芝生の上なので、こどもたちが遊べるオブジェがいいなと思い、作りました。
「フラワーマン」という花の妖精が、大阪という大地から、地球からにょきっと生えてきているという。両腕が、滑り台になっており、こどもも、大人も滑れます。手のひらはベンチになっていて、フラワーマンに抱えてもらえます。
地球から顔を出した妖精です。

訪れたみなさんが、フラワーマンの手のひらにのって、地球に抱かれる感覚になり、癒されてもらえたらと思います。
同時に、開発が進む都市部で、自然を愛する気持ちをいまいちど、思い起こしてもらうきっかけになればと思っています。
私たちは、地球の、自然の一部なのだと。間借りさせてもらっているだけなのだと。
わがままで自然を、地球を破壊してはいけないのだと。

「フラワーマン」のからだには、30種類の草花を描きました。その草花の共通点は、すべて、野に咲く雑草です。踏まれても踏まれても生えてくる強い草花たち。道端で観察してもらえれば、見つかります。こどもたちに、どんな環境でも強く、たくましく、育って欲しい、そして、弱きものへの思いやり、自然への感謝とリスペクトも持ちつづけてもらいたいという願いも込めました。
 

108 ART PROJECTはこのアートプログラムを応援します。

[期   間]  2021年11月12日(金)〜2022年3月31日(木)
[場   所] うめきた外庭SQUARE サウスラボ
                  〒531-0071 大阪府大阪市北区中津5丁目2
[入  場  料] 無料
[サ  イ  ズ] 全長6.5m、高さ4m
[素   材] アクリル/FRP(繊維強化プラスチック)

■主催:うめきた外庭SQUARE 運営協議会
 <うめきた外庭SQUARE パートナー事業者>
 阪急電鉄株式会社、三菱地所株式会社、大阪ガス都市開発株式会社、オリックス不動産株式会社、関電不動産開発株式会社、積水ハウス株式会社、株式会社竹中工務店、うめきた開発特定目的会社(出資者:株式会社大林組)、株式会社日比谷アメニス
 <運営パートナー>
 西尾レントオール株式会社、読売新聞大阪本社、株式会社電通、日本たばこ産業株式会社、パナソニック株式会社

■実証実験パートナー
 株式会社スマートバリュー、国際航業株式会社
■特別協力
 108 ART PROJECT

公式  HP