NEWS

【New Project】108 ART PROJECT in 博多「博多駅前プロジェクト」

108 ART PROJECT in 博多

「博多駅前プロジェクト」

〜仮囲いのキャンバスに広がる、「場所をつなぎ、人を結ぶ」物語〜
108 ART PROJECTは、アートの力で、まちの景観を豊かにし、賑わいのある街づくりに貢献することを目的に2021年に発足し、ビルオーナーやパートナー企業、アーティストの協力のもと、新ビル建設地の仮囲いアートを皮切りに様々なプロジェクトを展開しています。

これまで淀屋橋プロジェクトや、SAGA日の出プロジェクトなどを展開し、仮囲いから新しいまちの景観を生み出してきました。
今回のプロジェクトでは、福岡市地下鉄 七隈線全線開通により、九州各地や本州方面への交通拠点としての機能が強化される博多駅の博多口駅前広場に設置されている、「福岡市地下鉄七隈線博多駅(仮称)建築工事」(工事受注者:大成・森本・三軌建設工事共同企業体)の仮囲いに、大分県出身のアーティスト・宮﨑勇次郎の手がけるアートを展示します。
キャンバスに見立てた仮囲いには、「場所をつなぎ、人を結ぶ」物語が描かれます。
福岡市地下鉄 七隈線の利用者を含め、さまざまな人々が行き交う博多駅が、日本各地のみならず、東アジアの地域や、人々を繋ぐことを表現する作品となります。

「博多駅前プロジェクト」作品紹介
作品コンセプト「場所をつなぎ、人を結ぶ」(作品部分拡大画像)

展示期間:2022年4月1日〜2022年12月(予定)
展示場所:博多駅博多口駅前広場
    (住所 福岡県福岡市博多区博多駅中央街)
主催:108 ART PROJECT事務局
協力:大成・森本・三軌建設工事共同企業体(工事受注者)
福岡市交通局建設部施設設計課(工事発注者)


アーティストのコメント
福岡市地下鉄 七隈線全線開通により、天神南から博多まで延伸され、西南部からの移動や都心部内での移動も便利になり、九州の玄関口である博多駅を中心とした九州・アジアの交流の促進が期待されます。
今回この事業目的のもとに「場所をつなぎ、人を結ぶ」というテーマでアート作品の制作を行いました。
様々な大陸を流れる川や滝が、つながりながら海へと注がれることから、作品の全面を覆うように水を描き「場所のつながり」を表現しています。
福岡の名所や著名人に加え、ユーモラスなキャラクターなどが混沌と描かれた風景に、観る人はその時の心境やそれぞれの視点によって違った感想を抱くと思います。
そこに正解はなく、その時に感じた想いが1つの物語となり作品は完成します。


アーティストプロフィール
宮﨑勇次郎
大分県生まれ。
実家である銭湯のペンキ絵(背景画)をベースに、一つの場所からは観ることが出来ない複数の視点を持つ絵画を制作。物事には相反する感情や考えが存在し、複雑に絡み合うように共存している。昨日まで正しかった事が今日は違う事がある。そんな移ろいゆく曖昧で美しい世界を表現。2021年に熱海で行われたアートイベントに参加するなど、壁画を中心に表現の幅を広げている。近年の主な展覧会に、「偶然と記憶は赴くままに」(2021年、埼玉)、「私の中のロマンチシズム」(2021年、東京)などがある。


このプロジェクトについては、以下PR TIMESにて配信している記事からもご確認いただけます。
108 ART PROJECT 博多駅前プロジェクトのご案内